PCサイトはコチラ

 寿元堂薬局は大原美術館や美観地区で知られる岡山県倉敷市にある薬局です。倉敷駅から南へ200メートル程の場所にあり、美観地区にも歩いて行けます。
 昭和51年10月に開局して以来、日本の伝統的な漢方一筋の薬局として研鑽を続け、今日にいたっています。

寿元堂薬局の外観

薬局内1

 経験医学の薬である漢方薬の使い方は難しく、理屈が通用しないことが多くあります。
 寿元堂薬局では漢方全盛時代の先哲の経験を著した古典を重視しており、漢方本来の効果を少しでも現代に再現できることを願っています。

漢方は日本の医学

kususi1-3kisusi

今は漢方薬が氾濫しています。しかし「漢方って何?」と聞かれて、正しく答えられる人は少ないでしょう。漢方は日本の伝統医学なのです。

詳しくはこちら

漢方薬の剤型と価格

プリントプリント

剤型(ざいけい)は薬のかたちのことです。煎剤(せんじ薬)、顆粒剤、散剤、錠剤、丸剤などの説明と大まかな価格の目安です。

詳しくはこちら

漢方を試したい病気

KY14_18 [更新済み]KY14_18 [更新済み]

漢方には西洋医学とは異なる特徴と効果があります。治りにくい病気や症状の中にも、漢方が効果的なものが多く含まれています。

詳しくはこちら

漢方あれこれ

hakase2hakase2-7

知ってるつもりで意外と知られていない漢方の話です。世間では誤解だらけの漢方ですが、基礎知識の一部をまとめてみました。

詳しくはこちら

寿元堂薬局の著作

3014-1-23014-7

長年にわたって漢方一筋の創業者の著作には、「黙堂柴田良治処方集」「誤解だらけの漢方薬」「漢方処方・口訣集」などがあります。

詳しくはこちら

リビング新聞の記事

<838A8371814A8393834E814A82AD82E782B582AB814032303138944E338C8E3Living-7

寿元堂薬局では30年以上にわたって、リビングくらしき新聞紙上に漢方の記事を掲載してきました。過去の掲載記事を紹介します。

詳しくはこちら

薬局の紹介

1168-7-11168-7-2

寿元堂薬局は漢方専門薬局として昭和51年に開局以来、日本の伝統医学である漢方一筋に研鑚を続けています。

詳しくはこちら

アクセス

3030-73030-7

寿元堂薬局は、大原美術館がある美観地区で知られる文化の街、岡山県倉敷市のJR倉敷駅の近くにあります。

詳しくはこちら

問い合わせ

電話4電話7

適切な漢方薬を選ぶためには、メール等では詳細が得られない為、お問い合わせは電話に限らせていただきます。

詳しくはこちら