アトピー性皮膚炎で3種類の漢方薬を服用。なぜ効かない?

 若いころからアトピーを患っています。3種類の漢方薬を飲み続けているのですが、あまり効いている気がしません。冷え性で、胃腸が弱く、便秘で、肩こりもひどくて悩んでいます。
(33歳・女性)
 一つの病気に対して、西洋医学では症状ごとに薬を用いますが、漢方ではその人の体質や症状全体を見て薬を選びます。つまり、西洋薬では一度に複数の薬を服用することがありますが、漢方薬では基本的に1種類の服用です。
 それなのに、この相談者のように、複数の漢方薬を飲んでいる人の多さが最近も目立ちます。いたずらにたくさんの種類の漢方薬を飲んでお金をかけるよりも、体質に合った高品質の漢方薬1種類をきちんと飲んでもらいたいものです(高品質の漢方薬といっても高価なわけではありません)。
 そして、適切な漢方薬を飲んでアトピー性皮膚炎の改善を目指した結果、冷えも感じなくなり、お通じもよくなり、肩も軽くなった、などというような、うれしい副作用が得られることも多いものです。
 とはいえ、一人に2種類以上の漢方薬を用いることは、私の薬局でも時にあります。それは次のようなときです。
 一つ目。2種類以上の病気や症状があり、どうしても複数の漢方薬でしか対処できないとき。ただし、漢方薬を構成する生薬の働きは微妙です。複数の漢方薬を服用することで生薬が混ざってしまい、思うような効果が得られない場合があるので、飲み方に注意が必要です。
 二つ目。複数の漢方薬を混ぜ合わせて、別の漢方薬を作りたいとき。たとえば、現在、製剤が手に入らない柴葛解肌湯(さいかつげきとう)は、小柴胡湯と葛根湯を同時に飲むのと同じことになります。
 三つ目。漢方薬に含まれる生薬の量を加減したいとき。たとえば、桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)を飲む代わりに、桂枝加芍薬湯と大黄を分けて飲むことで、大黄の量を加減できます。ちなみに、大黄は下剤としての効果がある生薬です。
 四つ目。効果を高めるために、一つの病気に対してやむを得ず複数の漢方薬や生薬を使うとき。ただし、最初から複数の漢方薬を使うことはありませんし、このケースは稀です。
 もし、これらの理由以外で、1つの病気に対して複数の漢方薬を飲んでいるようなら、見直してみてはいかがでしょうか。
 間違った利用の仕方では、漢方薬が効かないのは当然です。必要な漢方薬を適切に利用して、はじめて漢方の効果を評価することができるのです。