リウマチに効く漢方薬を知りたい

 朝、起きたときに手の指の関節がこわばって痛みます。しばらくすると戻るのですが、関節リウマチが心配です。リウマチにも効果のある漢方薬があるなら教えてください。
(48歳・女性)

 リウマチは、関節や筋肉の炎症や変性により痛みが起こる症候群のこと。いろいろな症状がありますが、よく見られるのは慢性関節リウマチです。関節リウマチの主な症状は、①関節に痛みや腫れがある②朝、関節のこわばりが1時間以上続く③多くの関節に症状がある④左右対称に症状があるなど。
 日本リウマチ友の会の「リウマチ白書」によると、男女の割合は1対4と女性が多く、発症年齢は30代~50代、特に40代が多いという結果が出ています。
 原因はよく分かっておらず、西洋医学では治りにくい病気として知られていますが、リウマチは漢方が得意とする分野。寿元堂にもリウマチで悩んでいる人がよく来られます。漢方薬を続けて飲むことで症状が軽くなり、治ってしまうケースも珍しくありません。
 体質と症状に合わせて、次のような薬がよく使われます。西洋医学と併用して様子をみてもよいでしょう。

薏苡仁湯(よくいにんとう) 急性期の激しい症状が去って、慢性化しようとしている時期のものに使われます。症状も激しいものではなく、疼痛や腫れが軽度の場合に
大防風湯(だいぼうふうとう) 慢性の関節リウマチで、虚弱で疲れやすい冷え症の人に
桂枝加苓朮湯(けいしかりょうじゅつとう) 冷え症で手足の関節が腫れて痛む人に
五積散(ごしゃくさん) 胃腸虚弱で顔色が悪く下半身の冷える人に
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 太り気味で疲れやすく汗をかきやすい人に
疎経活血湯(そけいかっけつとう) お酒をよく飲んで夜に痛みが一層ひどくなる人に
葛根湯(かっこんとう) 初期で症状の軽いものに。慢性の場合でも、指の関節が数カ所腫れて、朝は痛むが、しばらくたつと痛みが和らぐ程度のものに

 このようにリウマチに効く漢方薬はいろいろあります。悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか。
 診断で「リウマチ」という病名がついてもつかなくても、漢方は体質や症状でその人の状態を判断していきます。リウマチと診断されていない、あいまいな状態のときは、リウマチと想定して初期の段階で対処しておくと、症状が早く治まるものです。
 しかし残念ながら、症状がひどくなってから来る人がほとんどです。悪化したり慢性化したりしてからでは治りにくいことを覚えておいてほしいと思います。