煎剤、錠剤、顆粒剤…どれが効く?

 アレルギー持ちなので、昔から漢方薬を飲む機会がよくあります。ところで、同じ漢方薬でも煎剤、錠剤、顆粒剤など、いろいろな薬のタイプがあって、迷います。よく効くのはどれですか。
(34歳・女性)
 漢方薬は、薬効成分のある生薬を組み合わせたものです。その生薬とは、主に植物の草根木皮ですが、中には、マンシュウジカの角(生薬名は鹿茸)とか、鉄粉(生薬名は鍼砂)など、動物性や鉱物性の生薬があります。
 少なくとも2種類、多ければ10種類以上の生薬を組み合わせ、何らかの形にまとめて漢方薬とするのですが、このまとめ方でさまざまな漢方薬の剤型が出来上がります。そして昔から、飲みやすさ、携帯しやすさ、効果の出やすさなどを目的に、さまざまな剤型が試みられてきました。
 昔の剤型を少し紹介します。 

煎剤(せんざい)生薬を煎じて飲むもの

散剤(さんざい)生薬を粉末にして飲むもの

丸剤(がんざい)生薬の粉末を練って、玉状にして飲むもの

煉薬(れんやく)生薬の粉末を練って固形にして飲むもの

酒剤(しゅざい)生薬を酒に漬けて、その酒を飲むもの

燻薬(くんやく)生薬を焼いたその煙を吸引するもの

膏薬(こうやく)皮膚に塗ったり張ったりするもの

坐薬(ざやく)肛門や陰部に挿入するもの

洗薬(せんやく)生薬を煎じた汁で患部を洗うもの

浴剤(よくざい)薬湯にして入浴するもの

 こうしてみると、昔は多くの剤型があったものです。現在はもうありませんが、燻薬などは大変凝った服用方法です。
 これらのうち、現代でもよく使われる剤型は、煎剤、散剤、丸剤です。さらに、昔はなかったけれども現代において最もよく使われているのが、錠剤と顆粒剤です。
 そして、効果が最も高い剤型といえば、昔も今も煎剤、つまり「煎じ薬」といえましょう。
 煎じる作業は毎日で面倒かもしれません。また、生薬の組み合わせによっては大変飲みにくいものですが、昔から「良薬口に苦し」といいます。手間や苦味があっても、効果が高いことから、煎剤は、漢方本来の効果を望む人に喜んで服用されています。
 また、生薬の品質にもかなり大きな差があり、当然、品質の高い生薬を用いた煎剤が、高い効果を発揮します。
 なお、錠剤や顆粒剤は、生薬エキスを製剤化したものや、生薬の粉末を製剤化したものです。製造方法や、生薬の品質、メーカーなどによって、漢方薬の効果の出方は異なります。
 もし、慢性病などで長く漢方薬を飲んでいて、あまり変化がないと感じているならば、別のメーカーの漢方薬を試してみるのもよいでしょう。