漢方薬とそうでないものの違い

 漢方薬ではないものを漢方薬だと誤解している人が多いことに、いつも驚かされます。そこで漢方薬と、そうでないものを分類してみました。
【日本の民間薬】民間の伝承による民間療法の薬。1種類から数種類の薬草を症状に合わせて使いますが、漢方のようにそれぞれの体質を見極めた治療法はありません。ドクダミ、ハトムギなど。
【外国の薬草】日本の民間薬同様、病名や症状に合わせて使います。アロエ、カモミールなど。
【中国の製品】中国医学の薬には漢方薬と共通する薬もありますが、基本的には異なります。また、健康食品やお茶も中国製というだけで漢方薬だと思っている人もいますが、そうではありません。中国医学の薬の例=華佗膏(かだこう)、健歩丸(けんぽがん)など。
【サプリメント】サプリメントやダイエット食品なども、漢方薬ではありません。漢方薬と思って飲んでいる人も多いようです。
【健康茶】民間薬や健康食品をお茶にしたもの。明日葉茶、ルイボスティーなど。
【漢方薬】日本の伝統医学を漢方といい、その独特の治療体系に基づいて使うのが漢方薬。原則的にいくつかの生薬を組み合わせて使用目的に応じて用います。
                         ◇
 これらの優劣を比較しているわけではありません。ただ、それぞれをきちんと区別して、自分の目的に合ったものを使ってほしいと思います。