頸椎捻挫や打撲に効く漢方薬

 関節痛や神経痛などの痛みの症状に漢方薬はよく利用されています。しかし、頸椎(けいつい)捻挫や打撲、骨折などの外傷にも効果的だということは、ほとんど知られていません。
 漢方では、外傷の原因を瘀血(おけつ)と考えます。血の循環が滞った状態を意味し、内出血を想像すると分かりやすいでしょう。そのため、駆瘀血剤(くおけつざい)といわれる瘀血をさばく漢方薬が利用されます。駆瘀血剤というと婦人科の症状に利用するものと思われがちですが、瘀血が原因のさまざまな症状に利用されるのです。
 駆瘀血剤で一般的に外傷に利用されているものが幾つかあります。腫脹(しゅちょう)や疼痛(とうつう)が激しく、体力が衰えていなくて便秘傾向のある人に利用する桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、皮下出血が広範囲にあるときや軽度の頸椎捻挫に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、腫脹や疼痛のほか、筋骨の疼痛が長引いているときには「打撲を治す薬」という意味の名が付けられた治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)などが利用されています。
 原因がはっきりせず長く悩まされている頸椎捻挫の痛み、骨折した場所や手術跡のあたりがいつまでたっても痛むなどの症状が、漢方薬を服用することで改善していくことは少なくありません。
 西洋医学の治療でなかなか改善せずに悩んでいるときは漢方の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。