漢方の存在価値

 現代のような素晴らしい高度な西洋医学が発達した時代に、今さら漢方が必要なのかと思う人もいるかもしれません。
 確かに、西洋医学は抗生剤やステロイドの発見、外科学の進歩などで人類に大きく貢献してきました。
 そして日本では、明治政府によって漢方が抑圧された後、西洋医学一辺倒の時代が長く続いた結果、西洋医学がすべての病気や症状に対して最も効果的であるという〝錯覚〟が起きても当然だったのでしょう。
 しかし、現実を見てください。長年、権威ある病院にかかっても治らなかった慢性病が、漢方薬を飲んだ途端に、ウソのように良くなったという事例は決して少なくありません。
 西洋医学と漢方。どちらが優れていると一口に言えるほど、単純ではありません。それぞれの得意分野、不得意分野があります。
 今は西洋医学がよく効く病気や症状の多くが解決され、不得意分野で悩んでいる人が多いのです。西洋医学の不得意分野の病気が慢性病になるのです
 そして、最近の病気はますます多様化しています。アレルギーや生活習慣病など、体質的な病気も増えています。
 西洋医学で十分に対応できない病気や症状はまだ多くあり、その中には漢方がよく効くものがたくさん含まれています。
 「西洋医学」「漢方」、それぞれの良さを上手に利用したいものです。