この時期気になる〝気象病〟

 例年よりも早く沖縄が梅雨入りし、湿気も増してきました。
 湿気が多い時期、めまい、関節痛、胃腸の不調などの症状に悩まされる人は少なくありません。
 気象の影響によって発症したり、症状が悪化したりするものは「気象病」と呼ばれています。「梅雨時期に古傷が痛む」「雨の日は頭が痛くなる」などの症状が当てはまり、最近では西洋医学で「気象病外来」が登場して話題になりました。
 一方、漢方では湿気に中(あた)ることで病むことを「中湿(ちゅうしつ)」といいます。古い医学書の目次の項目の一つにも挙げられており、中湿に対する先人の知恵と経験を知ることができます。
 中湿の症状を改善する漢方薬の代表的なものを紹介しましょう。
 二陳湯(にちんとう)は、嘔吐(おうと)やめまい、動悸(どうき)などに用いられることが多い漢方薬で、体内の水の偏りを調整する多くの薬の基となる処方です。
 五苓散(ごれいさん)は、嘔吐や下痢などの胃腸の不調に用いられる漢方薬です。尿量が少なく、口渇のある人に適することが多い薬です。
 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は、変形性膝関節症、多汗症などに用いられる漢方薬です。疲れやすく、下半身がむくみやすい人に適することが多い薬です。
 中湿といっても、症状の出方は人それぞれです。漢方薬は、専門家に相談して適したものを選びましょう。