長引く咳に効く漢方薬

 最近、長引く咳(せき)に悩まされている方が増えてきているようです。寿元堂にも、風邪をきっかけに、咳だけが残って治らないという方が数年前から増えています。
 咳は、「肺」が関与していると漢方では考えられています。漢方でいう肺とは、西洋医学での「呼吸」に関する機能以外に、「水分代謝」の役割を果たしたり、体に悪い影響を
与える外邪(がいじゃ)を防ぐ機能、今でいう「免疫機能」などに関係していたりすると考えられています。咳に利用される漢方薬をいくつか紹介しましょう。
 麦門冬湯(ばくもんどうとう)…顔が赤くなるまでせき込むような激しい咳が発作的に出る人、痰(たん)がからんでなかなか切れない咳が出る人に多く利用されています
 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)…のどに何かはりついて取れない感覚があり、咳をするような人、不安症状や不眠症の人などに利用されます
 参蘇飲(じんそいん)…風邪の初期に寒気、発熱などがあり、咳、痰が残っているような人、普段から胃腸の弱い人の風邪にも利用されることがあります
 咳の原因は、風邪などのウイルス、アレルギー、ストレスなどさまざまなタイプがあります。咳止めや抗生物質など西洋薬を服用してもなかなか治まらない咳にも、漢方薬の効果が期待できることが少なくありません。
 咳も長引くとつらいものです。漢方薬を上手に利用していただきたいです。