漢方薬の剤型

 今回は、あまり語られることのない、漢方薬の剤型についてお話ししましょう。剤型にはいろいろな種類があります。
【煎剤】煎じて飲むもの。本来、ほとんどの漢方薬は煎剤で用いられてきました。葛根湯など。
【散剤】粉薬のこと。粉末にして飲みます。安中散など。
【丸剤】粉末を練って蜂蜜などで固めて玉状にした丸薬。ゆっくりと穏やかに効きます。八味丸など。
【酒剤】酒に漬けて飲むもの。杜仲(とちゅう)酒、お正月に飲む屠蘇(とそ)酒などが有名です。
【膏(こう)薬】皮膚に塗ったり貼ったりするもの。紫雲膏(しうんこう)など。
【浴剤】薬湯にして入浴するもの。
【顆粒剤】煎じ薬のエキスを固めて簡単に飲める粒状にしたもの。
【錠剤】手軽な漢方薬の製剤。多くのメーカーの製品があり、一般によく利用されています。
 この中で、現在、最もよく使われているのが、顆粒剤と錠剤です。漢方薬のエキスを抽出したり、または粉末を製剤にしたりしています。ともに50年ほど前に作られた新しい剤型。西洋薬に近い感覚で手軽に飲め、においもほとんどなく、保存や携帯にも便利というメリットがあります。
 漢方薬本来の効果を最大限に引き出したいなら、良質の生薬を原料にした煎剤が一番です。
 剤型の特徴を押さえ、それぞれの状態に応じて剤型を使い分けてはいかがでしょうか。